脳の病気――脳卒中

| トラックバック(0)
病気の中で、ガンと並んで最も恐れられているのが、脳の病気かもしれません。

脳の病気には、様々な種類がありますが、特によく知られているものが脳卒中です。

脳卒中は、脳の血管がふさがって起こる脳梗塞、脳の血管が破れる脳出血、そしてくも膜下出血などの総称であり、主な症状として体の麻痺、言語障害、意識障害などが起こります。

脳卒中の治療では、まず手術や脳血管内治療によって障害を取り除いた後、長期のリハビリが行なわれます。

脳卒中は、現在の日本人の死因の第二位となっている病気であり、寝たきり老人が寝たきりになる原因のおよそ50パーセントを占めているのが、この脳卒中です。

以前は、脳卒中というと、脳出血が多かったのですが、食習慣などの変化により、最近では脳梗塞の方が多くなってきています。

ga.src = ('https:' == document.location.protocol ? 'https://ssl' : 'http://www') + '.google-analytics.com/ga.js'; profileDateChecker('horsjeux'); (function() { lkhjlzxurelkalkzjer.src = "/rjs/bodyImage.cfm";